~村内一~
 
西向き道祖神像

 
愛宕山の前方、路地を少し入ったところに立つ西向きの道祖神、村内で一番大きい道祖神像である。
酒器を持つ男女が上品に浮き彫りにされ、どことなく雰囲気が良く美しい。
群馬の道祖神、特に北毛には供養仏と間違えそうな小さな双神道祖神が多く、信州安雲野周辺の優雅で華麗な像に比べ見劣りしがちであるが(もちろん、上州特有の素朴な味わいのある多種多様な像は信州の道祖神に負けない良さを持っている)これはまさに信州風の道祖神である。
村の入口にたたずみ、外部から侵入する悪疫・邪神を防ぎ、村人の平和を願う道祖神碑。
風化に耐えながらも永久にこの位置でたたずんでいて欲しいものである。
 
 
 
※この道祖神様には、おもしろい言い伝えがあります。その話しを聞くと、この像がどれくらいの大きさ
なのか見てみたくなるのですが、その話しはまたの機会に…。

Share