~ こんなところに ~
 
龍・向拝
 
龍・向拝

 
 
武尊神社の向拝に、二体の龍がいます。
しばらく見ていましたが、見飽きるどころか、いつの間にか元の色が見えてくるような、そんな錯覚におちいってきました。
 
 
※川場村教育委員会発行、川場村の文化財に載っている解説です。
 
武尊神社の建築は、神社建築としてもたいへん優れた遺構で、とくに地方色が濃い。
その外観は他ではあまり見られないものである。
なかでも社殿の外部および内部にほどこされた装飾の木彫は抜群のものがある。
向拝の虹梁にからみつくように彫られた龍の彫刻は、単に建築装飾という枠をこえ、彫刻そのものとしてみても価値は高い。
もとは極彩色がほどこされていたらしく、風雪にさらされ褪色しているが、龍の迫力は少しも衰えず、今なお霊妙な威厳をそなえている。

Share