~ほのぼの・ぽかぽか~
猿追い祭

片品村はきっと寒い(涼しい)と思いながら、片品村花咲(はなさく)へ行ってきました。
お目当ては『猿追い祭』
 
【猿追い祭とは…】
片品の猿追い祭は、旧暦九月、真ん中の申の日に鎮座する武尊神社で、大字花咲の鍛冶屋、山崎、登戸、栃久保、栗生、針山の六つの集落が参加して行われる祭で、組という地縁集団とイッケと呼ぶ同族集団が、特定の役割を分担しあいながら行われる。
祭りは集落ごとに組内でまわり番で、サカバン、ヒツバンという当番をつとめる。
サカバンは甘酒を用意し参加者に振る舞う。ヒツバンは赤飯を用意し、神事の後に神社拝殿の前で、東西に向かい合い赤飯を交互に投げあう。
この後、拝殿に集落別にイッケの代表が東西に分かれて着座し、謡が行われる。
最後の曲である「千秋楽」が始まると同時に、白装束の猿役が口に半紙をくわえ、手に幣束(へいそく)を持って神社のまわりを右に三周しこれをサカバン、ヒツバンが追いかけ、祭が終わる。
この行事は、猿の害を防ぐために始まったとの伝承があり、参加者の席次が固定し、役を務めることのできる家が特定されるなど、東日本には珍しい宮座的な組織によって行われる貴重な行事である。
(参考・片品村教育委員会)
 
猿追い祭
 
祭りの始まりは神事から。
祝詞奏上、玉串奉献などが行われます。
 
このあと、「エッチョー・モッチョー」と呼ばれる行事が行われますが、これは豊作・繁栄を祈って「エッチョー(栄長)」「モッチョー(茂長)」のかけ声に合わせ、赤飯を投げあうそうです。
時間の関係で、残念ながらこの行事は見られず、写真も取り損ねてしまいました。
 
続いて「謡」(うた)の交換(東・西の順で「高砂」「四海波」をうたい、3曲目の「千秋楽」は東西でうたう)が行われ、最後の曲「千秋楽」が流れ始めるといよいよお待ちかねの「猿」登場です!
 
猿追い祭 猿追い祭
 
猿は社殿の周りを3周しますが、それを皆で追いかけ回すのがこの祭りのメインイベントです。
役員・地区の子供・それから参拝客、自由参加でとにかく追いまわします。
この時、決して猿を追い越してはいけないそうです。なんでも不作になるとか…。
 
猿追い祭 しかし今回の猿は足が速いらしく、あちこちから「猿速すぎるよ」「猿もっとゆっくり」「猿が追い越しちゃうんじゃないか?」などなど笑いがこぼれていました。
子供達も一生懸命走っていましたが、全く追いつきませんでした。(^_^;)
 
猿が3周走り終え、社殿に飛び込んだら、そこでお祭りは終了です。
とてもほのぼのとした面白いお祭りでした。
 
 
追伸①
紅葉のとても綺麗な、ぽかぽか陽気でした。
武尊神社のかえでは、この通り。
猿追い祭
 
花咲へ行く途中の仙の滝もこの通り。
猿追い祭
 
山々も燃えているようでした。

 
追伸②

ありました!譽國光!
猿追い祭
 
神社の御神酒が譽國光!
神社の中で注がれていたお酒も、譽國光!
めちゃめちゃ嬉しかったです!

Share