今週の天気は

Filed under: 譽ブログ(従業員日記) - @ 2010年2月28日 12:00 PM

~ 暖かいような寒いような ~
今週の天気は

 
今日、私の家のある地域では、朝から雪が豪快に降っていました。
水分を多く含んだ重い雪で、これは一日振り続けると、明日路面が凍って危ないからいやだな~。
なんて思っていたのですが、川場村についたら雪ではなく雨が降っていてびっくりしました。
しかもお昼頃にはその雨もすっかり上がって、気持ちの良い晴天になってました。
 
山をいくつか越えると、(と言っても距離的には二十数㎞程度ですよ)天気がコロッと変わるので、なんだか不思議な感じがします。
 
今年は雪が降る日が多かったのですが、どうやら今週一週間は、川場村方面は、雪ではなく、雨の降る日が多いようです。
春分の日も近くなってきて、少しずつですが、気温が高くなって来ているのかもしれませんね。
 
しかしこの辺りの地域、油断していると雪になったりするので、この時期はまだまだ注意が必要なんですよね。
 
こちらにお出かけの際には、大丈夫そうでも、一応冬の装備のご用意をして頂いた方が良いと思います。
 
山の天気は変わりやすいですから。(^_^;)
 
小菅

Share

~ 澱(おり)取り ~

 
今日は、先日袋取りでしぼったばかりの、大吟醸の“おり取り”をします。
 
写真の木箱の中に、しぼったばかりの大吟醸が、雪に冷やされながら静かに置かれています。
澱とり
 
このしぼりたての大吟醸には、“おり”が残っているので、静かに揺れないように冷やしながら置いておき、しっかりとその“おり”が沈んだ頃合いを見計らって、うわずみのキレイな部分を別のビンに移しかえます。
<a href=
 
この量を移しかえるのは本当に一日仕事で、ちょっと揺らしてしまったりすると、また“おり”を落ち着かせる所からやり直しになるので、星野君も、とても慎重に作業を行っていました。
 
この作業が終わると、DMに載っている、『③袋取り大吟醸しぼりたて』の出荷がはじまります。
本当に、今、出来あがったばかりの、しぼりたて袋取りの大吟醸は、今この時だけの、まさしく旬の味わいです。
 
星野君が造ったお酒の出来栄えはどうなのか。。。
ここまで来ると、ようやく試し飲みが可能となるので、(酒税法の関係で、この前の段階では、まだ飲んではいけないんだそうです。)そのあたりもふくめて、次回はドキュメントレポートをしたいと思いますので、お楽しみに!!
 
(ちなみに、香りは袋取りの作業の時に、しっかりとかがせてもらいました。(^_^)v
とてもお米と麹菌だけから造られたお酒とは思えない程、芳醇といいますか、さわやかな果物のような香りで、胸がすぅ~とするような、心地のよいものでした。)

Share

~おめでとう~

 
バンクーバーオリンピック女子フィギュアスケート銀メダルおめでとう!
 
金には届きませんでしたが、きっと次につながることでしょう。
 
と言うことで?、 譽國光も初チャレンジです。
 
インターナショナルワインチャレンジ(通称IWC)SAKE部門に、うちの「特別本醸造辛口」を出品することにしました。
 
まだ出品段階ではありますが、うちのSAKEもきっと3回転半?を決めてくれると信じています!
(まだ受賞もしていないのに、こういうことを書くところも少ないと思います…)
 
と言うことで、 只今、出品準備中です。
 
結果はどうであれ(良くないか?)、とても楽しみであり、得られた結果によりまた旨い酒を造ることにつながればと思っています。
※出品の報告をしてしまいましたので、どうであれ結果の報告は忘れた頃に致します。
 
ちなみに、「IWC」や「チャンピオンサケ」で検索して頂ければ詳細がお分かり頂けると思います。
チャレンジ
 
こういう物を出して良いのかどうか分かりませんので、一応モザイクにしました。。。

Share

~大吟醸酒粕ができました~

 

10.02.25永見の日記

急に春らしい陽気になり、当蔵に積もっていた、山のようだった雪も、だいぶ溶けてまいりました。
ふきのとうが日向ぼっこしています。
なんだか、気持ちも晴れやかになりますね。
 
 
昨日から、待ちに待った大吟醸の酒粕の販売がはじまり、今日はさっそく、その大吟醸酒粕で作った甘酒を頂きました。
普通の酒粕で作った甘酒も美味しいのですが、大吟醸酒粕は、また、別格です。
 希少なので、私は毎年知人にプレゼントをし、大変喜ばれています。
今年も待ってくれていますので、今日さっさくお届けしたいと思っています。
喜ぶ顔が目に浮かびます。
 
 
 
昔、甘酒は夏バテ防止に飲まれていたそう
で、うなぎに負けない栄養源だったんです!
その証拠に、『甘酒』って夏の季語なんですよ。。。ご存じでした?
 
 
 
 

10.02.25.2オススメ譽國光【売店・永見】

Share

取材

Filed under: 取材,譽ブログ(従業員日記) - @ 2010年2月24日 12:00 PM

~おでかけ~

 
今日は、某新聞社様からの取材日でした。
 
取材風景01
 
こんな感じで、色々と取材を受けました。
そして、永見さんに突然の撮影依頼が…
偶然そこにいたので、必然的に彼女に決定です!
 
取材風景02
 
 
恥ずかしいと言いながらも、仕事はきっちりこなします。さすがです!
なお、今回の取材は、家族で楽しめる酒蔵めぐりとのことなのですが、配布先は群馬県西部地域となります。
 
取材風景03
 
S様、今日は色々とありがとうございました。
どうかよろしく願い致します。
 
取材風景04

Share

~ 搾り ~

 

ドキュメント蔵人〈15〉搾り


 
いよいよこの日がやってまいりました!!
星野君が造っているお酒を、搾る時がやってきたのです!

 
今日は朝早くから、杜氏でもある社長や巧醸長、星野君達蔵人の皆さんはもちろん、常務も室長も全員で搾りに取りかかります。
 
搾るだけなのに、何故にこんな大人数が必要なのかといいますと、実は星野君が造っているお酒に秘密があるんです。
 
星野君が造っていたお酒は、なんと!!
 
『大吟醸』!!
 
だったのです。
 
しかも、譽國光最高級酒の袋取りの大吟醸です。
この大吟醸、各品評会などにも出される、言わば『譽國光の顔』。
星野君の重責も並大抵のものではありませんでした。
 
しかし、ようやくこの日を迎えられ、星野君だけでなく、一緒に頑張ってきた蔵人の皆さんも一様に、嬉しい気持ちが抑えられないといった表情です。
 
この袋取りの作業をする為に、今日は総勢11人が蔵に集まったと言うわけです。
 
そして作業がはじまりました。
 
 
 
しかしこれがまた、一つ一つが全て手作業なのでとても大変です。
 
ドキュメント蔵人〈15〉搾り
 
まずは星野君が袋を広げ、社長(杜氏)が大吟醸の醪(もろみ)を袋に注ぎます。
巧醸長はその袋の口を紐でしばり上げます。
 
ドキュメント蔵人〈15〉搾り
 
他の人は、その醪の入った袋を運び、小野さんと都所さんが醪の入った袋を吊します。
 
ドキュメント蔵人〈15〉搾り
(ちなみに私も櫂入れ係りとしてお手伝いさせて頂きました。)
 
そうして、作業を続け、約1時間後、この様にたくさんの袋が吊されて、しぼりたての大吟醸が出来上がりました。
 
ドキュメント蔵人〈15〉搾り

と、言ってもまだこれで終わりと言うわけではありません。
瓶に詰められたしぼりたての大吟醸は、雪で冷やしながら保存します。
 
ドキュメント蔵人〈15〉搾り
 
搾ったらそこで終わりではないんです。
 
 
次回は、この袋取り大吟醸のその後の様子をお送りします。

Share

22.2.22.22.22.2.2

Filed under: 譽ブログ(従業員日記),酒造り - タグ: @ 2010年2月22日 12:00 PM

~奇跡~

今日は、2並びの日なのですが、本当に偶然に奇跡のようなことが起こりました。
平成22年2月22日に22番仕込みの純米酒を仕込み22日目に上槽(搾り)です。

22.2.22.22.22.2.2

何かイイことありそぅ~って感じですけど、一つだけ残念だったのが、仕込んでいたのが22番タンクではなく15番タンクだったこと…
22.2.22.22.22.2.2

でも、星野くんがダブルでピースサインをしてくれたので、2が二つ追加になりました。

星野くんありがとう!

Share

~身近なもので~

 
こんにちは、巧醸長・小澤です。
前回に引き続き、今回も酒造りの現場での改善をご紹介致します。
 
【改善前】
  
成分分析の時に使う、シリコン(分析の為、加熱しているお酒の沸騰を抑える役割があります)を入れている入れ物が、量が減ってくると底までスポイトが届かず、また、シリコン自体が液状の為、スポイトや入れ物がすぐに汚れ、洗浄が大変でした。
 
 
【改善後】
 
フタにボタンがついて、一滴ずつ落とせる『ラー油』タイプの容器を買ってきて、シリコンを詰め替えました。
 
2月21日改善【12】
 
一滴ずつ出るので、スポイトもいらないし、最後まで使い切れるので非常に便利になりました。

2月21日改善【12】
  
この分析の作業は毎朝行うものですので、余分な手間を省く事により、より効率的に仕事ができるようになりました。

 
 
それにしても、ラー油の容器に着眼するとは。その発想力が素晴らしいですね。

Share

~今日が最後のお仕事です~

10.02.20こんにちは。通販部の伊藤です。

この度、体調面での都合から、譽國光を辞めさせて頂くこととなりました。

譽國光では昨年の夏頃から、主に通販業務を担当させて頂きました。

度々日記も書かせて頂きましたが、ご覧頂く皆さまに少しでも譽國光の良さや、川場村の雰囲気などをお伝え出来ておりましたら幸いでございます。
思えば、日本酒を飲めなかった私が一番最初に「美味しい!」と感じたのが「譽國光」の熱燗でした。

これからもそんな私と同じように、譽國光を飲んで頂いたお客様には感動して頂いたり幸せになって頂きたい!と思っています。
短い間ではございましたが、譽國光の皆さまとお客様の温かな声に支えられながら、たくさん勉強させて頂きました。

本当に、本当に、ありがとうございました。

伊藤

Share

準備中

Filed under: イベント報告,譽ブログ(従業員日記) - タグ: , @ 2010年2月1日 12:00 PM

~もう少しです~

 
2010年ももう1ヶ月が経過し、2月に入りました。
1月中の通販部は、お歳暮シーズンも過ぎ、のんびりと過ごしていましたが、2月が近づくにつれ、少しずつ忙しさが戻ってきました。
 
そろそろ、この時期です…。
準備中
 
『新酒・しぼりたてキャンペーン』です。
↑の画像は、ホームページ用の画像で、まだ未完成ですが、 皆さまの目に留めていただけるよう、 いろいろと試行錯誤しながら作っています。
試行錯誤しながら・・・と言っても、 そんな工程を、誰よりも自分がいちばん楽しみながら作ってるのですけど(笑)
 
DMも、今年はちょっと豪華な作りになっています。
譽國光ファン必携!! という感じです。
詳しい内容は、 届いてからのお楽しみということで、ちょっとボカシていますが、 こんな感じです↓。
準備中
今までDMが届いている方は、これから届くのをお楽しみに…。
そして今までDMが届いていないんだけど、見てみたいという方は、 ぜひお問い合わせ下さいね。
 
今年のしぼりたてキャンペーンは2月10日からスタートです。
ホームページにも早めに載せていきますのでもう少しお待ち下さい。
 
伊藤

Share