~身近なもので~

 
こんにちは、巧醸長・小澤です。
前回に引き続き、今回も酒造りの現場での改善をご紹介致します。
 
【改善前】
  
成分分析の時に使う、シリコン(分析の為、加熱しているお酒の沸騰を抑える役割があります)を入れている入れ物が、量が減ってくると底までスポイトが届かず、また、シリコン自体が液状の為、スポイトや入れ物がすぐに汚れ、洗浄が大変でした。
 
 
【改善後】
 
フタにボタンがついて、一滴ずつ落とせる『ラー油』タイプの容器を買ってきて、シリコンを詰め替えました。
 
2月21日改善【12】
 
一滴ずつ出るので、スポイトもいらないし、最後まで使い切れるので非常に便利になりました。

2月21日改善【12】
  
この分析の作業は毎朝行うものですので、余分な手間を省く事により、より効率的に仕事ができるようになりました。

 
 
それにしても、ラー油の容器に着眼するとは。その発想力が素晴らしいですね。

Share