~改善通信新聞・6月号~


改善新聞六月号

本日、改善新聞六月号が発行されました!

今月の特集は『5Sを続ける為に』と、いう事なんですが…「5Sって…何?」と、頭にハテナマークが飛んでしまいました。(^_^;)

新聞を良く読んでみると、『5S』というのは、『さ行』を頭文字にした5つの言葉で、

『整理』→いる物といならい物を分けて、いらない物を処分する。

『整頓』→必要な物がいつでも誰でも取り出せる状態にしておく。

『清掃』→ゴミなし、ヨゴレなしの状態にすること。

『清潔』→ゴミなし、ヨゴレなしの状態を保つこと。

『躾(しつけ)』→決められたことを正しく守り、習慣をつけること。

を指すんでそうです。

分かっているつもりでも、意外と勘違いしていたり、出来ていなかったりする職場の『5S』。

この『5S』は、くり返して行っていくことに意味があり、「この間やったからいいや」では、まったく意味のないものになってしまいます。

この裏面には、他の企業の実際の『5S』の事例が載っていて、読んでいて「なるほど!」と、うなずくばかりでした。

しかし、改めて気付かされる事が多いです、この改善新聞。

6月の月間テーマの『5S』。

まわりを見直して、よりスムーズに、効率良く仕事が出来るようにしていきたいと思います。

Share