~店長・村上雅人~


 
普段、どんな仕事をしていますか?
 
売店では、販売やご案内の接客業務から、駐車場係りや電球交換まで、何でもさせて頂き、
また、旅行業者様への営業として、関東地方はもちろん、南東北地方や甲信越地方まで、飛び回っております。
 
 
これからの夢を語って下さい。
 
売店について
 
当蔵の社長が語る「造り手の思いは必ず酒に伝わる。」ということ。
これは、売店や食事処でも同じ事が言えると思います。
 
お客様に楽しんで頂く、また、喜んで頂くためには、最前線で働いているパートさんたちが楽しく、そして、働くことに喜びを感じていることが一番大事であると思っています。
 
いつもニコニコいられる、そんな環境作りをしていきたいと思っています。
 
また、ご来蔵頂いたお客様に日本酒の美味しさや楽しみ方を知って頂きたい。
私も、譽國光に来て日本酒ライフの楽しみ方を知った一人ですので、せっかくお越し頂いたお客様にも、小さな発見や感動を味わって頂きたいのです。
日本酒との接点が当蔵からだったら素晴らしいことだと、日々思っています。
 
 
営業について
 
まず、いつも大変お世話になっている旅行業者様や、いろいろ教えて下さる諸先輩方・仲間達に楽しんで頂きたい、と思っております。
 
「どういう事?」
と思われるかも知れませんが、普段、皆様から本当にたくさんの喜びや楽しみを頂き、本当に本当にお世話になっているのです。
そのせめてもの恩返しにと、「村上あるところに、笑いあり。」皆様にそんな雰囲気を感じて頂ける人間になるのが、今の目標です。
 
そして、私を通して、小さな発見や感動を味わって頂けるような人間になっていきたいとも思っています。
まだまだ未熟者ではありますが、蔵を代表して表に出ている人間として自分自身の人間力を磨き、皆様から信頼して頂けるようになっていきたい。
ご迷惑をおかけすることも多いですが、こんな思いだけは持っていますので、タンクに入っているお酒と同じように、私の熟成を暖かく見守って頂ければと思います。

Share