~改善通信新聞・7月号~

改善新聞・7月号
 
今月の改善新聞もは先月から引き続き、『5S』について詳しく書かれています。

『まだ使えるかも』『使ってないけどなんとなく捨てられない』などなど。。。
 
でも、それが片付けられない、整理が出来ない原因なんですよね。
 
『まだ使うかも知れない』『まだ役に立つかも知れない』と思いつつ、一度も役に立つ事のないまま、場所をとったままのの物。
それを『思い切って捨てる』事が、5Sの第一歩というわけです。
 
でもこれって、日常生活でも同じ事が言えるんですよね。
家を片付けるのも、仕事場の環境を良くする事も、根っこの部分は一緒なんですね。
 
でも、頭では分かってはいても、物を捨てるって、なかなかふん切りがつかないもんなんですよね~。(^_^;)
 
そんなわけでして、譽國光では、今月は『赤札作戦』と称し、『いらないもの、使わないものに赤札(シール)を貼って、最終日に思い切って処分しましょう』という社内活動を行います。
せっかく背中を押してもらっているので、この機会にいるもの、いらないものを分別したいと思います!
 
 
ちなみに、今月の改善事例は6月24日の改善報告で紹介した、『見える化』でした。

Share