~改善通信新聞・8月号~

 
まだ7月なんですが、改善通信8月号を、フライングゲットしてみました。ヾ(´▽`)
 
改善新聞・8月号今月は、『何故改善が必要なのか』『改善の主旨とは?』などがテーマになってます。
 
改善を行おうとする事で、自分の仕事を振り返り、定期点検が出来るんですね。
確かに、日々の仕事ばかりに目が向いていると、ムダな事や間違った事などに気付きにくく、結局大変なままだったりするんですよね。
私も、自分の仕事を振り返ってみて、問題点がないか、あった場合はどう改善していくのか、よく考えたいと思いました。
 
そして先月から行っている『赤札作戦』(不要なものをいさぎよく捨てよう!という運動です)を、引き続き今月も半ばまで行う事になりました。
 
この『赤札作戦』、すごく良いと思います!
こういう機会がないと、普段のゴミ出しの日に出せないような、大きな家電や事務用品などは捨てられないんですよね。
通販部からは壊れたプリンターや、つい先日壊れてしまったシュレッダーなど、大きめの物に赤札を貼りました。
ちょっと室内がスッキリしました。(^_^)
 
さて、問題は不要な物をかたづけた後ですね。
ここで空いたスペースに、まだ物をただ置くだけでは前と変わらないので、今月号の2枚目以降に5S(整理・整頓・清掃・清潔・習慣の事です)の事例などが載っているので、参考にして見たいと思います。