~世界に一つしかない酒器です!~

 
どうも、星野元希です。
先日、月夜野びーどろパークさんにて作成しました酒器、いよいよ本日お披露目です!!
 
じゃじゃーん!!
 
星野元希作・酒器
 
おおぉ~!!
この青色、良い感じですね~♪
徳利の注ぎ口の所が『キュッ』ってなっててカワイイですねぇ~(*´▽`*)
 
星野元希作・ぐい飲み(左)
う~ん、グイ飲みも手作り感あふれて良い感じだなぁ~。
良い倉田社長オリジナルの白色も良い感じの仕上がりです!
青色とよく合いますねぇ~。
 
そしてこのグイ飲み、思っていたよりデカイ!!
(作っている段階で何となく感じていましたが…)
 
これじゃあ『グイグイ飲み』ですね(笑)。
 
でも、このアンバランス感すら愛おしく感じてしまうなぁ~。
これが手作りの良い所ですよね!!
 
 
この気持ち、酒造りと似ています。
大切に、大切に造り上げたお酒は、我が子の様に愛おしく、また特別美味しく感じるものです。
変な話ですが、出荷してしまうのがちょっと寂しいような…そんな気持ちになってしまいます。
 
そんな酒造りの思いと似た気持ちにさせてくれるこの酒器、限定1組、抽選でプレゼント!
っと言いたいところですが……あげません!(笑)
 
私が一生、大切に使います!ごめんなさい!m(__)m
 
 
 
…はい。冗談はさておき、早速使ってみましょう!
 
 
お酒は、2009年・2010年モンドセレクション2年連続金賞受賞酒であります『純米酒です!
星野元希作・酒器とモンド金賞純米酒
 
自分で作った酒器に、モンドセレクション2年連続金賞受賞酒の純米酒。
なんて贅沢な晩酌なんだろう…あ~、幸せ感じますね(´_`。)
 
ここまでこだわったのだから、合わせるツマミにもこだわりたい!!
 
ツマミと言えば以前、巧醸長が『季節のモノをツマミに酒を飲むのが、一番旨く飲める』と話してくれたのを思い出しました。
 
と言うことで、今回はシンプルに夏のツマミの王様(勝手に決定)『枝豆』『冷やしトマト』に決定~!!
 
まずは枝豆!!
沼田産の枝豆です
 
この枝豆、お値段はちょっと高めなんですが、ホント旨いんです!
濃厚な豆の香りと凝縮された旨味、チーズのようなコク、そして甘味…。
たまりません!!
 
実は、蔵人の小野さん、この枝豆の生産者の一人なんですよ~。
 
 
そして、よ~く冷やした完熟トマト!
トマトinザル
 
最近は一年中、(トマトに限らず)どんな野菜でも大体揃ってしまいますが、やっぱりこの時期のトマトは一番旨いですよね!!酸味だけでなく、甘味があります!
完熟のトマトって本当に美味しいです。
 
そうそう、これからの時期、トマトがたくさん出回るようになり、安く買えるんですよね~!
トマト好きの私にとって、夏はとっても有り難い時期です!
 
さて、そんなこんなで準備完了~。
枝豆 トマト
 
そしてお酒は、前日から冷蔵庫でよ~く冷やしておいた純米酒を、常温で保管しておいた酒器に注ぎます。
『酒は冷蔵庫、酒器は常温で保管』
これが今回のこだわりポイントです!
 
酒器も冷蔵庫で冷やしてキンキンの状態で頂くのもアリですが、私はキンキンより少し常温に近くなったくらいの方が、米の旨味が良く感じられ、好きなんです~
だんだんと常温に近づいていく『温度変化による味の変化』も楽しめるし、おすすめですよ~!
 
で、肝心の味、ツマミとの相性は????
 
もう、書かなくても伝わっていると思いますが…
 
うまっ!!
 
口の中いっぱいに広がる濃厚な枝豆の香りと味わいが、純米酒の上品な香り・米の旨味と見事にマッチしています。
この枝豆はコクがあり、とても濃厚な味なのですが、肉などのコクとは質の違う爽やかなコクなので純米酒の味わいとピッタリ合うのかなぁと感じました。
 
トマトの酸味も良く合いますね~。
完熟トマトなので甘味も有り、味付け無しで本当にうまい!!
また、ちょっとだけ塩をかけると甘味が引き立ち、お酒との相性もより深くなったように感じました。
 
酒器にこだわり、ツマミにこだわり、酒にこだわる。
個人的な感情も入りますから、特別旨く感じるのは勿論だと思うのですが、
 
旨いとか旨くないとかではなく、なんだか幸せ~(*´∇`*)
な気持ちになっている自分に気が付きました。
 
普段はビンから直接お猪口に注ぐ事が多かったのですが、せっかく日本酒を飲むのだから、ちょっと手間をかけたこだわりのスタイルを持っているのって良いなぁ~と思いました!
これからも色々なスタイルに挑戦してみたいと思います!
 
新たな発見があった時には、皆様にご報告いたしますね(^-^*)/

Share