改善新聞10月号-1

~改善通信新聞・10月号~

 
今月も改善新聞発行されました。
  
この改善新聞、巧醸長が毎月発行してくれているのですが、
このピンク線の中、毎月変わっているんですね。

 
さてさて、今月は何が書かれているんでしょうか。
 
「10月1日は日本酒の日」 ふむふむ。
「あとネクタイの日」 ほうほう。
「にわとりが鳴いてほまれコッコー」 ……。
 
 
ダ、ダジャレですか!巧醸長!Σ(゚ o ゚ ;)
 
とまあこんな感じで、改善新聞として真面目な事が大部分ですが、
お茶目さも忘れないのが譽國光の社内新聞の良い所です。(^^)
 
そして今月のテーマはズバリ『サービス・販売業の改善』。
譽國光は蔵元としてお酒を造るだけでなく、蔵には売店があり通信販売も行っていますので、
お客様との触れ合いが毎日あり、色んな出来事があったりします。
 
譽國光のお酒を『美味しいね』と気に入って購入して下さるお客様に、
快適に気持ちよくお買物をしていただく為にはどうすればよいのか?
そんな事が今月のテーマになっています。
 
サービス改善は先手必勝。
お客様を困らせないために、快適にお買物をしていただくために、
『あらかじめ』問題になりそうな部分を見つけて見直して改善していく事が大事になってきます。
 
問題が起きてからでは遅いんですよね。
ですから、一度お客様の立場になってみて、気付いた点など、『あらかじめ』出来る事はとことんやって行きたいと思います。

Share