日本酒梅酒ファンの皆さま、大変長らくお待たせ致しました!
 
2010年度産日本酒仕込み梅酒、解禁です!
 
川場産の梅【譽國光の日本酒仕込み梅酒】
 
清酒譽國光に、地元川場産の梅を漬け込んで造り上げました
日本酒梅酒は、その年の梅の出来により、ワインのように
毎年味が変わる譽國光自慢の梅酒です。
  
2010年度産も2009年度産とはまた違った味わいですので、新しい出会いにご期待下さいませ!
 
 
【2010年度産の日本酒梅酒はどんな味?】
 
梅酒それでは、まずはお味見を。。。
  
蔵からいただいてきたばかりの梅酒をグラスに注いでいきます。
(今日はロックにしてみました)
 
すると、グラスから、すっとするような淡い梅の香りがしてきます。
 
待ちに待った梅酒の香りに、この段階で、ついつい頬がゆるみそうになりますが、気を引き締めて。
 
 
まずは一口。
  
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
最初に感じたのはフルーティーな梅のまろやかな酸味。
  
そして、さっぱりとしたほどよい甘さ。
  
今年の梅酒は、甘味と酸味のバランスが絶妙です!
 
日本酒を使用しているのに、“日本酒を飲んでいる”という感覚がなく、
後味はさらりと溶けていくようで、余韻を求めてしまい、
気を付けないと、どんどん杯が進んでしまいます。
 
う~ん。
この梅酒を飲まれる時は、飲み過ぎには本当に注意して下さいね。
  
 
【梅酒は変化して行きます】
 
今の段階ですと、出来上がったばかりの梅酒ですので、全体的に若々しいみずみずしさが感じられます。
 
ですが、梅酒は熟成されていくと、味も風味も変化していきます。
  
これからこの2010年度産梅酒がどのように味わい深く熟成されていくのか。
 
これからの一年間、飲むたびに変わっていく梅酒。
その成長もお楽しみいただければと思います。

Share