~蔵人ドキュメント2011・洗い~

ご無沙汰の日記となってしまいました。
本当にもうしわけございませんでした;

いよいよ酒造りも始まった事ですし、また今年も譽國光の酒造りを追っていく『蔵人ドキュメント』を随時更新していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

 

さて、まず酒造りに欠かせないものと言ったら、お米とお水です。
お水は関東名水百選にも選ばれた、武尊山の伏流水を仕込水に使っています。

関東名水百選にも選ばれた仕込水

(こんな感じで常に出ていますのでご来蔵の際にはぜひ飲んでみて下さい。美味しいですよ!)
この水がまた人気で、県外の方もわざわざ汲みに来られるという、軟水のおいしいお水です。

 

まずはこのお水を使って酒米を洗う作業です。

今年最初に造るのは『普通酒』。

地元の人に愛飲してもらっている譽國光のレギュラー酒です。

 

 

しかし何度も見て思いましたが、酒造りは本当に繊細です。

気温、水温、洗い方、水を米に吸わせる時間、乾かす時間、その他モロモロ。

いつも楽しく笑顔で酒造りをしているのですが、この時ばかりはここで失敗するとよいお酒にならないとあってみんな真剣そのもの。

 

お米を洗っているのはこの道40年の大ベテラン蔵人、小野さん(左)と同じくベテランの都所(右)さんです。

小野さんと都所さん

小野さん米洗い

 

洗ったお米は別の桶に移して水を吸わせます。

この水をどれだけ含ませるかがとても難しいそうです。

 

それにしてもお米を水から上げるタイミングを計っている時の杜氏(右)と若頭(左)には

とても声を掛けられないです(汗)。

若頭と杜氏

杜氏

 

水から上げたお米は今日一日置いて明日蒸しとなります。

果たしてどうなるのでしょうか。。。

今年一発目の酒造り、どうか成功しますように!

Share