春駒の唄

前唄

サアサのりこめはめこめ蚕飼(こがい)の三吉
のったらはなすなしっかとかいこめ
 

本唄

春の始めの春駒なんぞ
夢に見てさえよいやと申す
  申してうつつは良女(じょうめ)が駒よ
  年もよし世もよし蚕飼もあたる
蚕飼にとりては美濃の国の
桑名の郡や小野山里で
  とれたる種子(たね)はさてよい種子よ
  結城蚕たねか茨城たねか
たやで豊原筑前こだね
みやこのたねを寄せ集め
  かいめ女郎衆にお渡し申す
  かいめ女郎衆は受け喜んで
はかまはくなるあつはたなんぞ
手にかえきりりとしたためこんで
  左のたもとに三日三夜
  右のたもとに三日三夜
両方合わせて六日六夜
六日六夜のその間にて
  暖め申せばぬくとめ申す
  三日に見初めて四日に青む
五日にさらりとおいでの蚕(おこ)は
おいでがよけれどはくべき種子は
  これより南は吉祥天(きちじょうてん)の
  大日如来おお山がござる
お山のふもとに小池がござる
小池の中の弁財天の
  ひともとすすきふたもとすすき
  三本(みもと)すすきにすんだる鳥は
かもの雄鳥(おんどり)大とや申す
きじの雌鳥(めんどり)小やと申す
  大と小との風切り羽よ
  ふた羽はけば三なる羽よ
ひと羽はけば一千万蚕(いっせんまんがいこ)
ふた羽はけば二千万蚕
  三羽四羽(みはねよはね)とはきましょならば
  紙にもあまれば篭にもあまる
あまり候(そうろ)やひろまり候
さらばこの蚕(おこ)なにがな進上(しんじょ)
  蚕のめぐみが良いとや申す
  これより南は八反畑
八反畑はみな桑原よ
このや娘に足駄(あしだ)をはかせ
  しまの前掛け紅染めだすき
  髪も島田にこじゃんとゆうて
七九目竹(しちくめだけ)の小ざるをさげて
桑の若葉をお手やわらかに
  しんなとたゆめてさらりとこいて
  ひとこきこいては小ざるに入れる
ふたこきこいてはお宿へかえる
お宿へ帰れば手でおしもんで
  あの蚕(こ)にちらりこの蚕(こ)にぱらり
  ちらりぱらりと進ぜて廻る
あの蚕この蚕は桑めすような
物によくよくたとえて見れば
  昔源氏の馬屋に住みて
  名馬の馬を牧場に上げる
朝日に向いては元そよそよと
夕日に向いてはうらそよそよと
  食気(くき)にも似たり葉音ににたり
  さらばこの蚕(おこ)休みにかかる
しじの休みはしんじつ蚕(がいこ)
竹に起きてはたかごにまさる
  舟の休みはふんだん蚕(がいこ)
  庭に起きてはにわかに育つ
四度(よたび)のおきふしなんくせのうて
まぶしがやとて七十五駄(ななじゅうごだん)
  まぶしも小高く折りあげこんで
  まぶしに上がりて作りし繭は
利根の河原や片品川の
瀬に住む小石にさもよくにたり
  かたさもかたいし重さもおもし
  はかりて見よとてはかりて見れば
糸繭千石に織り繭千石
種まゆ共に三千石よ
  上州の国では糸引き上手
  尾張の国では繭むき上手
上手上手が寄り集まりて
三日三晩に繭むきあげて
  六日六晩(むいかむばん)に糸くり上げて
  七日七夜(なのかななや)に綿かけ上げる
はた織り上手にお渡し申す
昔たゆまの中将姫(ちゅうしょうひめ)は
  あやが上手で綿が上手
  雲に架け橋霞に千鳥
梅にうぐいす織り込むときは
一反織りたる元三尺を
  伊勢の天照大神(てんしょうだいじん)さまへ
  おみすにかけてうら三尺を
ところ神社のおいなり様へ
おみすに上がりし残りし絹は
  坂東つづらにしたためこんで
  荷物につもれば七十五駄
ところではやるが大八車
大八車にゆらりとつんで
  京へやろうか大阪やろうか
  大阪本町(ほんまち)ほてやが店(たな)で
荷物渡して金うけとれば
大判千両に小判が千両
  白金共に三千両を
  大八車にゆらりとつんで
あやのたづなに綿のたづな
七福神のおてうちかけて
  これを館(やかた)に引き込む時は
  いぬいの方に銭蔵(ぜにぐら)七つ
たつみの方に金蔵(ぜねぐら)七つ
合わせて十四(じゅうし)の蔵立て並べ
  あやの長者に綿の長者
  お蚕繁盛とお祝い申す

川場村門前 春駒保存会
 
参考文献:川場村の文化財(川場村教育委員会発行)