いつも譽國光をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

この度、当蔵では皆さまに安心して日本酒をご購入して頂けるように、酒蔵に貯蔵しております『日本酒』『梅酒』、そして無料開放しております『仕込み水』につきまして、放射性物質検査を行いました。

結果、7月現在、当蔵の飲料水からは放射性物質の検出はされませんでした。

皆さまには、これからも安心して当蔵の日本酒や仕込み水をご利用頂ければ幸いでございます。

また、検査結果はそれぞれ下記の通りとなっております。

(画像は検査機関より送られてきた検査結果表を、そのままのせております。)

日本酒

日本酒放射性物質検査結果評表
※クリックで拡大画像がご覧頂けます。

梅酒

梅酒放射性物質検査結果評表
※クリックで拡大画像がご覧頂けます。

仕込み水

仕込み水放射性物質検査結果評表
※クリックで拡大画像がご覧頂けます。

検査機関

株式会社 食品衛生研究所
群馬県前橋市荒口町561-21

Share

~本日発売です~

群馬の地酒 ガイドブック
こちらが今日(7月15日)発売となる、『群馬の地酒』という日本酒ガイドブックです。

群馬県内31の蔵元とその蔵元のお酒が飲める買えるお店457店が、エリア毎に分かりやすく載っている、日本酒好きにはもってこいのガイドブックになってます。

もちろん、譽國光も載っていますよ!
(酒蔵の名前ではなく『土田酒造(株)』の名前で載ってます)

こうして見てみると、群馬県は意外と蔵元が多いですよね。

しかも群馬県はこうみえても全国新酒鑑評会での入賞率が関東甲信越地方の中で3年連続1位!なんです。
これはとても凄い事で、それだけ群馬のお酒は美味しいって事になるんですよね!
(この本の座談会の記事の受け売りですが…)

ちなみにこの本、どうやら今のところ県内での販売のみのようです。
群馬にご旅行などに来たのんべえさんにはとてもオススメの一冊ですので、群馬県にお越しの際には本屋さんなどでぜひ購入してみて下さい。ちなみに価格は450円です。

Share

~ますますにぎやかです♪~

『誰』がやってきたかと言いますと…はい。

譽國光の鯉たち

池の鯉たちに新しい仲間がやって来ました~!

今回もカラフルでとっても可愛らしい子たちです♪

前回のクニコちゃんの時と同じで沼田市在住の角田さんが持ってきてくれた子たちです。

角田さんありがとうございました!

角田さんの良い笑顔でまずは一枚♪

持っている箱の中に新しい住人がいるのですが。

角田さん放流するの図

大海原…ではなく譽國光の池へGO

それにしてもなんと華やかな。

しかも今回、錦な鯉だけでなく銀色?に見える鯉もいるんですよ!

すっかりなじんでます。

譽國光にご来蔵の祭には、ぜひ池の住人たちも見てあげて下さい。

岸辺によるとゴハンが貰えると思ってかなりの鯉がさささ~っと寄ってきますので、その数に驚かないでくださいね。

Share

~ことしもやりました!~

モンドセレクションで、譽國光の純米酒が3年連続で金賞を受賞いたしました!

そして、3年連続を記念致しまして、今回もやります、首掛けキャンペーン♪

詳しい内容は↓↓↓のバナーからプレゼントページをご覧になってみて下さい。

前回の首掛けキャンペーンは5月末で〆切、発送は6月中~7月にかけてを予定しております。

今回もここでしか手に入らないレア品ですので、ぜひご応募下さいませ!

Share

~桜まつりレポート【1】~

 
今年は震災もありましたので、開催するかどうかで随分悩んだのですが、
社長の『こういう時だからこそ、地元の方やお客様に少しでも元気になってほしい』
という言葉を受けて開催することになりました。
 
ですが、やはりこういう時期ですので、いつものように大々的な宣伝などはしなかったのですが、
それでも多くのお客様に来て頂けて本当に良かったです。
 
しかし、喜んでいるお客様の笑顔を見ていると、私たちも自然と笑顔になってしまうから不思議ですよね。
で、またそういう楽しい時って、時間の流れが速くて一日があっという間なんですよ。
笑顔のチカラって本当に凄いと思いました。ヽ(´▽`)
 
そしてたくさんのお客様にご来蔵いただきまして、桜まつり、無事に終了致しました!
本当にありがとうございました。m(_ _)m
 
今日は【桜まつりレポート】という事で、今年の桜まつりをダイジェストでご紹介致します。!
 
 
それにしても、この日の前日までは雨が凄かったですよね。
利根沼田地域では、夜にはバケツの水をひっくり返したかのようなドシャブリの雨が降っていて、
『これで明日大丈夫!?』と、みんなで心配していました。
しかし、朝起きてみたら、スッキリとした晴天!
2011年 譽國光 桜まつり
散ってしまわないか心配だった桜も、丁度良く満開になり、最高のお祭り日和になりました。
 
朝早くからの準備と全体朝礼を行いまして
2011年 譽國光 桜まつり 2011年 譽國光 桜まつり
 
プチ縁日や振舞酒などの準備をしていると…
2011年 譽國光 桜まつり 2011年 譽國光 桜まつり
 
お客様がぞくぞくと!
2011年 譽國光 桜まつり
中には30分も早く来てくれた地元の子供たちもいて、みなさんが楽しみにしてくれていた様子がうかがえて嬉しくなりました。(´▽`*)
 
そして午前10時に桜まつり開始です!
2011年 譽國光 桜まつり
 
今年もプチ縁日にパントマイムショー、武尊太鼓の演技にお笑い芸人の関あっしさんのライブ、そして豪華な優勝賞品のマス積み大会など。
2011年 譽國光 桜まつり
楽しいイベントも盛りだくさんです。
 
プチ縁日では今年は【ホマレカントリー】が登場!
2011年 譽國光 桜まつり
(私もアレで遊んでみたかったです。)
 
いろいろ遊べて、お腹もいっぱいになれて、みなさん笑顔でとても楽しそうです。
 
粕汁うどんに、酒蔵のお漬物、酒粕パンに焼きまんじゅう、焼き鳥などなど。
食品テントの近くに行くと、美味しそうな匂いが充満していて、お腹が空いて結構辛かったです…。
 
そうこうしている内にほっほさんのパントマイムショーが始まりました。
2011年 譽國光 桜まつり
とぼけた調子のほっほさんに子供たちがおおはしゃぎで、酒蔵ですから普段はあまり聞かれない子供たちの笑い声であふれていました。
 
ほっほさんのショーの後は武尊太鼓の演技です。
かけ声と共に威勢の良い太鼓の音が響き渡ります。
2011年 譽國光 桜まつり
 
この音をお伝え出来ないのが本当に残念!
もの凄い迫力でした!
 
 

内容が詰まっていますので、一回の日記ではとても紹介仕切れないので今回はここまでです。
 
 
次回【今年は一人じゃない!?関あつしお笑いライブ!】そして【白熱のマス積み大会!】をお楽しみに♪

Share

~一株どころではないですが~

2月最後の土日となりましたね。
今朝のニュースでは、【高速で渋滞●●km】と流れていて、うわ~と冷や汗が出てしまいました。

スキーやボードで最後の滑りに行かれる方が多いらしいとの事。
そういえば、もう3月じゃないですか、とニュースを聞いていてようやく気がつきました。(^^;)

そういえば、昨年は2月頃に水芭蕉が顔を覗かせていたのですが、今年はどうなんでしょうか…。

水芭蕉
出てます、出てます!

まだ小さいですが、ちゃんと顔を出しています!

雪の量は去年の方が多かったんですが、今年の方がなんだか成長が遅いような気がします。
夏の暑さが原因なんでしょうか?
開花するまでにはまだかかりそうですが、今年も水芭蕉が見れるかと思うと嬉しいですね。

ちなみに、水芭蕉が咲くのは、【譽國光の仕込み水を汲む水飲み場の奥】です。
お水をお持ち帰りになる時に、ちょっと視線を奥に向けて貰うとそこにありますので、ご来蔵される方はぜひ、ご覧になってみて下さい。(´▽`)/

Share

袋取り大吟醸

Filed under: 蔵のこと,譽ブログ(従業員日記),酒造り - タグ: , , @ 2011年2月23日 3:25 PM

~しぼりました!~

 
さて!お待ちかねの袋取り大吟醸を搾る時がやって来ました!
昨年同様、微力ではありますが、私もお手伝いをしつつ、現地リポートです。
 
まずは朝の8時前に蔵の詰め所に集合です。
 
袋取りの大吟醸は、機械で搾るのではなく、醪(もろみ)を一つ一つ布の袋に入れて、それを吊して滴り落ちる雫を集めて搾りますので、役割分担をしっかり決め、チームワークでもってスムーズに事を運ばないと行けないんですね。
 
若頭の星野君から今日のポジション発表です。
 
まず、重要な、タンクから大吟醸の醪(もろみ)を袋に入れるのは杜氏(社長)と若頭の星野君が二人で行います。
 
そして、その醪の入った袋の口をすばやく的確に縛るのが小澤巧醸長。
 
縛った袋を運ぶのが、村上店長と今年新しく蔵に入った橋本さん。
 
運ばれた袋を上手く搾れるように吊すのが小野さんと渡部さん。
 
その間、タンクの中の大吟醸に櫂入れ(かいいれ)をして、醪を均等に混ぜるのが私、小菅です。
 
このように決めて、皆で蔵に移動です。
 
大吟醸のタンクの蓋が開きました。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
やっぱいすごく良い香り!
写真ではお伝え出来ないのが勿体ないくらいの良い香りです。
 
そして開始です。
 
まずは杜氏と若頭が醪の状態を見ながら最適な量を袋に入れていきます。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
そして、巧醸長がすばやく縛る。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
それを、店長と橋本さんが持っていき。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
小野さんと渡部さんがしっかりと吊します。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
流石の連携プレイ!流れるような作業です。
 
そんな中、私はえっちらおっちらと櫂入れしてました。
 
 
 

そして、1時間後、全て作業が終わりました。
 
こちらが吊されている大吟醸です。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
あとは、搾りかせ終わるのを待って、ビンに詰めます。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
それにしても、うん、やっぱりいい香りです!
ここはひとつ、お味見も…と行きたい所なんですが、この状態では飲むのはまだ出来ないんですよね~。う~ん残念!
 
飲める段階になったら、ぜひ一口、試飲させて貰いたいと思います。ヽ(´▽`)

Share

~大吟醸酒粕もそろそろ販売になりますよ~

 
今日は新商品のご紹介です。
こちらなのですが。。。
漬け込み用酒粕
 
今まで、ありそうでなかった【漬け込み用の酒粕】です!
 
こちらは譽國光の酒粕を、粕漬け用にしてありますので、お手軽にご家庭で粕漬けが作れるようになっています。
ナスやウリ、大根キュウリなどの野菜はもちろん、魚介類を粕漬けにしても大変美味しいですよ。
 
パッケージの裏に粕漬けの簡単な作り方も載っていますので、ぜひチャレンジしてみてください。ヾ(´▽`)
 
そして、皆さまお待ちかねの【大吟醸酒粕】は、今月中旬~下旬にかけて販売開始予定です!
大吟醸を搾りましたら、すぐにお知らせいたしますので、もう少しだけお待ち下さいませ。m(_ _)m
 
酒粕のご購入はこちらからどうぞ~。
酒粕販売

Share

~今日はなんの日?~

昨日は2月3日・節分の日でしたね。
みなさんも豆まきしましたか?
我が家ではしっかり豆まきはしたものの、うっかり【イワシ】を用意し忘れてしまいました。(´д`;)
まさしく「あちゃ~」でした。
ので、たまたま冷蔵庫にあった【サンマ】で代用してみました。

…これって御利益あるの??
と、首をかしげてしまいましたが、まぁ…大丈夫ではないかと思います。…多分?

そして、節分に続き、今日は【立春】です。
暦の上では【春】です。
酒蔵の室温が5度でも、雪が溶けずに残っていても、【春】なんです!
…と言っても、こう寒いと納得いきませんよね。(^_^;)

池の鯉たちも冬眠したまま全く動きません。
みんな冬眠中… みんな冬眠中…
でも、昨年は池自体が氷に覆われて4月頃まで溶けなかった事を考えると、今年はまた暖かい方なのかもしれませんね。
早く元気に泳ぎ回る鯉たちがみたいです。

Share

~ほまれさんぽ・2010年ファイナル~

雪がようやく降りました。ヾ(´▽`*)
けど、本当にちょっぴりなので拍子抜けしてしまうような感じだったりします。
積もったものの…これだけです
これじゃあ雪ダルマどころか雪ウサギも作れないかも。。。
   
 
ちなみに去年(12月31日)の写真と比べてみると…。
09.12.31の譽國光
この差ですよ。
 
 
いやはや、猛暑の影響がまだ続いているのかはたまた温暖化の影響なのか。
雪が積もらないと何かしっくりと来ない感じがして仕方ないです。

でも冷え込みはいつものようになってきました。
寒くなってきたので、譽國光の池では毎年恒例の【鯉の冬ごもり】が始まりましたよ~。

動く気配ナシです。

ようするに冬眠の事だったりします。
こうやっておとなし~くしつつ、春になるのを待つんですよね。
最初見た時は、いつもあんなに元気に泳ぎまくっている鯉たちが
じっとしてて動かないので、みんな死んじゃったのかと大いに焦ったものです。(^_^;)

来年の雪解けはいつになるんでしょうかね?
もしかしたらこのまま雪が降らないまま…なんて事になったらちょっと恐いですね。

Share
古い記事へ »