譽國光の観光通路から見ることの出来る圧搾室で先日から今年の梅酒造りが始まりました。

2013梅の実02

扉を開けると梅のスッキリとした甘い香りがほわんと薫ってきます。

一粒一粒が本当に大きい、川場村産のこの梅が譽國光の日本酒仕込み梅酒になっていくんですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一つ一つ丁寧に洗って譽國光のお酒で漬けてじっくり熟成させて。
砂糖もちゃーんと氷砂糖を使っていて一切の手抜きナシで造るので手間がかかります。
でも、だからこそ、通販で「本生原酒 零」と人気を二分する程の人気梅酒になるのだと納得です。

毎年、梅の出来によって味わいが変わるのが特徴の譽國光の日本酒梅酒。
今から2013年度産の梅酒が楽しみでなりませんヾ(´▽`*)

Share

今年もいよいよこの時がやってまいりました!
酒造りのメインイベント!
袋取り大吟醸の搾りです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

醪(もろみ)を一つ一つ袋に入れて、運んで、一つ一つ丁寧に吊して自然と滴り落ちるしずくを搾ります。

foodpic3217554

機械とは違い、この袋取りの搾りは全て手作業なので、毎年蔵人や譽國光の従業員が総出で行っております。

日本酒は本当に繊細で、微妙な温度の変化や発酵具合によって変わるため、
「何月何日に搾る!」とあらかじめ決められない部分があり、
特にこの譽國光最高級の大吟醸に関しては難しく、今回の酒造りから新しく杜氏となった星野君が
「いつ搾るか」「いつがいいか」と毎日毎日神経を使って搾りの時期を見極めていました。

foodpic3217541

大吟醸だけでなく他のお酒もですが、
何日も泊まり込んで夜中も絶えず日本酒を見守り、
ずっと待ち続けたこの瞬間。
酒造りの最高の醍醐味の一つです。

皆様のお手元に届くのにはもう少しかかりますが、今年の大吟醸も期待していてください!

おいしいです!

Share

譽國光の日本酒梅酒ファンの皆様。
大変お待たせ致しました!
つい先日、「2012年度産日本酒仕込み梅酒」が解禁となりました!

ただいま新しいラベルでの撮影中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

譽國光の梅酒は毎年味わいが変わるのが特徴です。
今年はどんな味わいなのか。
ぜひご堪能くださいませ!

Share

 

お陰様で、本年度全国新酒鑑評会にて、金賞を受賞することが出来ました!

これは、日頃ご愛飲下さっているお客様をはじめ、譽國光に関わって下さっている全ての方々のお陰様でございます。

この場をお借りして、全ての皆様に心より感謝を申し上げます。

本当にありがとうございます。

これからも、更に高品質なお酒造りを目指して精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

平成23酒造年度 全国新酒鑑評会 入賞一覧

 

Share

 

~蔵人ドキュメント2011・洗い~

ご無沙汰の日記となってしまいました。
本当にもうしわけございませんでした;

いよいよ酒造りも始まった事ですし、また今年も譽國光の酒造りを追っていく『蔵人ドキュメント』を随時更新していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

 

さて、まず酒造りに欠かせないものと言ったら、お米とお水です。
お水は関東名水百選にも選ばれた、武尊山の伏流水を仕込水に使っています。

関東名水百選にも選ばれた仕込水

(こんな感じで常に出ていますのでご来蔵の際にはぜひ飲んでみて下さい。美味しいですよ!)
この水がまた人気で、県外の方もわざわざ汲みに来られるという、軟水のおいしいお水です。

 

まずはこのお水を使って酒米を洗う作業です。

今年最初に造るのは『普通酒』。

地元の人に愛飲してもらっている譽國光のレギュラー酒です。

 

 

しかし何度も見て思いましたが、酒造りは本当に繊細です。

気温、水温、洗い方、水を米に吸わせる時間、乾かす時間、その他モロモロ。

いつも楽しく笑顔で酒造りをしているのですが、この時ばかりはここで失敗するとよいお酒にならないとあってみんな真剣そのもの。

 

お米を洗っているのはこの道40年の大ベテラン蔵人、小野さん(左)と同じくベテランの都所(右)さんです。

小野さんと都所さん

小野さん米洗い

 

洗ったお米は別の桶に移して水を吸わせます。

この水をどれだけ含ませるかがとても難しいそうです。

 

それにしてもお米を水から上げるタイミングを計っている時の杜氏(右)と若頭(左)には

とても声を掛けられないです(汗)。

若頭と杜氏

杜氏

 

水から上げたお米は今日一日置いて明日蒸しとなります。

果たしてどうなるのでしょうか。。。

今年一発目の酒造り、どうか成功しますように!

Share

~本日発売です~

群馬の地酒 ガイドブック
こちらが今日(7月15日)発売となる、『群馬の地酒』という日本酒ガイドブックです。

群馬県内31の蔵元とその蔵元のお酒が飲める買えるお店457店が、エリア毎に分かりやすく載っている、日本酒好きにはもってこいのガイドブックになってます。

もちろん、譽國光も載っていますよ!
(酒蔵の名前ではなく『土田酒造(株)』の名前で載ってます)

こうして見てみると、群馬県は意外と蔵元が多いですよね。

しかも群馬県はこうみえても全国新酒鑑評会での入賞率が関東甲信越地方の中で3年連続1位!なんです。
これはとても凄い事で、それだけ群馬のお酒は美味しいって事になるんですよね!
(この本の座談会の記事の受け売りですが…)

ちなみにこの本、どうやら今のところ県内での販売のみのようです。
群馬にご旅行などに来たのんべえさんにはとてもオススメの一冊ですので、群馬県にお越しの際には本屋さんなどでぜひ購入してみて下さい。ちなみに価格は450円です。

Share

どーもこんにちは、星野元希です!

先日、全国新酒鑑評会の研究会(利き酒)に参加するため、広島まで行ってきました~( ´―`)ノ

実は今回で2回目の参加です。
去年は初参加ということで、正直、めちゃくちゃ緊張していて、本当にアッという間に帰ってきたといった感じでした(^_^;)

なので、

今回は、早めに広島入りして、ちょっとだけ広島観光してきました。
前から一度行ってみたかった『原爆ドーム』

広島駅から、路面電車で10分くらいで到着~

写真とかテレビ等で見たことはありましたが、
実際目の当たりにすると

何とも言えない、迫力というか重圧というか…

『人間』について色々と考えさせられました。
,
,
,

さてさて、翌日は本番の研究会です!
ずらーーーーっと出品酒が並んでおります(・。・)


出品酒は全部で875点!!
時間の許す限り、体力の続く限り、利き酒します!

そして、気になる譽國光の出品酒はどうだったのかと言いますと…

おかげさまで、入賞いたしました!!

ありがとうございますm(_ _)m

色々なタイプの吟醸酒があり、個性的なお酒もたくさんあったなぁ~という印象でした。

本当に勉強になります。

奥の深い、酒造りの世界。

まだまだ勉強、勉強勉強です!

Share

袋取り大吟醸

Filed under: 蔵のこと,譽ブログ(従業員日記),酒造り - タグ: , , @ 2011年2月23日 3:25 PM

~しぼりました!~

 
さて!お待ちかねの袋取り大吟醸を搾る時がやって来ました!
昨年同様、微力ではありますが、私もお手伝いをしつつ、現地リポートです。
 
まずは朝の8時前に蔵の詰め所に集合です。
 
袋取りの大吟醸は、機械で搾るのではなく、醪(もろみ)を一つ一つ布の袋に入れて、それを吊して滴り落ちる雫を集めて搾りますので、役割分担をしっかり決め、チームワークでもってスムーズに事を運ばないと行けないんですね。
 
若頭の星野君から今日のポジション発表です。
 
まず、重要な、タンクから大吟醸の醪(もろみ)を袋に入れるのは杜氏(社長)と若頭の星野君が二人で行います。
 
そして、その醪の入った袋の口をすばやく的確に縛るのが小澤巧醸長。
 
縛った袋を運ぶのが、村上店長と今年新しく蔵に入った橋本さん。
 
運ばれた袋を上手く搾れるように吊すのが小野さんと渡部さん。
 
その間、タンクの中の大吟醸に櫂入れ(かいいれ)をして、醪を均等に混ぜるのが私、小菅です。
 
このように決めて、皆で蔵に移動です。
 
大吟醸のタンクの蓋が開きました。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
やっぱいすごく良い香り!
写真ではお伝え出来ないのが勿体ないくらいの良い香りです。
 
そして開始です。
 
まずは杜氏と若頭が醪の状態を見ながら最適な量を袋に入れていきます。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
そして、巧醸長がすばやく縛る。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
それを、店長と橋本さんが持っていき。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
小野さんと渡部さんがしっかりと吊します。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
流石の連携プレイ!流れるような作業です。
 
そんな中、私はえっちらおっちらと櫂入れしてました。
 
 
 

そして、1時間後、全て作業が終わりました。
 
こちらが吊されている大吟醸です。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
あとは、搾りかせ終わるのを待って、ビンに詰めます。
袋取り大吟醸のしぼり風景
 
それにしても、うん、やっぱりいい香りです!
ここはひとつ、お味見も…と行きたい所なんですが、この状態では飲むのはまだ出来ないんですよね~。う~ん残念!
 
飲める段階になったら、ぜひ一口、試飲させて貰いたいと思います。ヽ(´▽`)

Share

~蔵人ドキュメント・2010 [2]~

今日は、【仲添え】の麹(こうじ)造りです。

【三段仕込み】の2回目の仕込みですね。

一般的には
一回目が【初添え】
2回目が【仲添え】
3回目が【留添え】

と言われているのですが、譽國光ですと【添え】【仲】【留】と呼ばれています。

こうして3回に分けて材料を足していく事によって、雑菌の繁殖を抑え酵母の増殖を促して、もろみの温度管理をしやすくする事ができます。
この作業工程は日本酒独特のもので、他のお酒造りにはない特徴ともなっています。
この手間暇があるからこそ、あの繊細な味わいが醸し出されるという訳なんですね。

まずは大事なお米を蒸す作業です。
蔵人ドキュメント・2

蒸し終わったらお米に麹菌をふりかけ、菌を繁殖させます。
ここで、いかに麹菌が一粒一粒のお米にしっかり根付いてくれるかによって、味わいが変わってきます。
蔵人ドキュメント・2

その後は、お米を大事に大事にくるんで、細心の注意を払って温度管理を徹底します。

蔵人ドキュメント・2

温かすぎてもダメ。
寒すぎてもダメ。
丁度良い温度でないと美味しいお酒になってくれないんですよね。

この時期は、この温度管理があるため、蔵の人は夜も泊まり込みなんです。

本当にお疲れ様です!

Share

~【初舞】というお酒を造っています~

 
今日は、いつもとちょっと違った【お酒造り】の様子をご紹介します。(^^)/
 
実は今日、神奈川県の中央林間にお店を構える【燦坐 SAN-ZA (さんざ)】 さんの
ご店主さん達が譽國光にご来蔵され、日本酒を造るために【洗い】を行っている所なんです。
 
【燦坐 SAN-ZA (さんざ)】のみなさんです
  
場所は譽國光の酒蔵ではありますが、【燦坐 SAN-ZA (さんざ)】の皆さんが造っているのは譽國光の日本酒ではなく、
【初舞(うぶ)】という名の燦坐さんオリジナルの日本酒なのです!
  
ええ!自分たちだけで!?(◎_◎;) と驚きです。
 
その酒造りの作業風景はまさしく蔵人!
【燦坐 SAN-ZA (さんざ)】のみなさんです
 
お米洗いは本当に重要な作業ですので、皆さんの表情も本当に真剣そのものです。
 
譽國光の蔵人の小野さんや都所さんたち相手だと、勝手知ったるなんとやら…で、
邪魔にならない程度の間合い(?)も分かっているのでぐいぐい~っと近寄っていけるのですが、
流石に今日はお邪魔にならないようにするのに精一杯でした。(^_^;)
 
実は【燦坐 SAN-ZA (さんざ)】 さんは昨年も【初舞(うぶ)】を造る為にご来蔵されていました。
昨年はご紹介出来ず仕舞だったので、今年レポート出来て本当によかったです。
 
今年も美味しい【初舞(うぶ)】が出来上がるのが楽しみですね♪
 
 
【初舞-うぶ-】が気になって仕方ない方はぜひ【燦坐 SAN-ZA】さんへ!
 
■燦坐 SAN-ZA (さんざ)
  神奈川県大和市中央林間5-10-1
  ℡ 046-271-3033
  東急田園都市線 中央林間駅 徒歩8分
  小田急江ノ島線 中央林間駅 徒歩6分

Share
古い記事へ »