お酒について

研究醸造のはなし

こんにちは、土田酒造の小澤です。

弊社新発売商品
『研究醸造シリーズ』についてお話しさせて頂きます。

 

山田錦

五百万石

美山錦

雄町

愛山

 

日本酒党の皆様なら、誰もが知っているこの酒米5品種。

 

この5種を

精米歩合90%の
生もと造りで

麹歩合20%と40%の2タイプずつ
合計10本の研究醸造 酒米×麹歩合シリーズ。

 

皆様御存知の通り、
土田酒造は通常、酒米を使いません。

では何故、酒米を使ったこの酒達を造ったのか?

私達は、最近の酒造りの中で、
ひとつの疑問を抱いたのです。

 

『お米を削って、お米の味わいって果たして出ているのか?』

 

今年、シンツチダというお酒を発売しました。

飯米を精米歩合90%で造ったお酒です。

 

シンツチダを呑んだときに
『炊いたご飯のような味』を感じ、

 

『酒米も削らないほうが、酒米ごとの味が出るのではないか?』
という疑問を抱いたのです。

 

どうやって販売するのか?
どのラベルで出すのか?

など、販売のことは何も考えずに、造ってしまう。
まさに研究醸造。

自分たちが知りたいから、造る。
やってみたいから、造る。

まあ土田酒造らしいですこと!笑

 

5種類の酒米の違いを知りたいだけなら
5種類で良かったのに、
なぜ麹歩合違いでもう5種造ったのか?

これは社長も反省しているようで、
やりすぎたと言っていました。(笑)


麹の酵素がお米の成分に反応して
日本酒の味わいになりますが、
麹の量(麹歩合)によってお米から出る味わいも
変わってくるのではないか?
品種よりも、もしかしたら麹歩合のほうが大事なのではないか?

という検証がしたかった、ということで
5種類×2タイプで、10本となりました。

下の表が、10本の分析値です。

麹歩合20%と40%の違いがはっきりしていて面白いですね。

 

飲み比べの方法は

●麹歩合ごとに5本飲み比べ

●お米ごとに2本飲み比べ

●1本ずつ、他社様の同じお米のお酒と飲み比べ

このように比べていただきますと面白いかと思います。

 

開栓後の時間経過や、飲む温度帯での変化も楽しめそうですね。

開けてから1週間たったら雄町がとても良くなった!

お燗にしたら五百万石が良くなった!などなど。

いろいろな『自由研究』がたのしめそうです♪

 

 

この研究醸造の10本について、
YOUTUBEライブ配信『土田酒造のくらびらき!』で
蔵元と杜氏がお話しさせて頂きます。
ぜひ、お酒を片手に御覧頂ければ幸いです。
https://www.youtube.com/channel/UCD6EGiT52_1AkAQ_A1PC34g

(チャンネル登録お願いします!)

 

そうそう、このお酒、常温保管OKです。
10本も冷蔵庫入りませんからね。
直射日光の当たらないところに保管をお願い致します。

 

 

90%精米の酒米で、同条件で造って、それを一斉に販売するって、
私もこの業界長いですが、聞いたことがありません。

我々も、もう造ることはないですから、
こんな飲み比べは二度と出来なくなるかもしれません。

お手にされた皆様は、
土田さんやりすぎだよ!とツッコミ入れながら
最初で最後の、土田酒造 酒米ワールドをお楽しみ頂ければ幸いです。

 

ちなみに、研究醸造シリーズは、
研究テーマを変えて次の造りでも行う予定です!

 

著:土田酒造 事業部 部長   小澤卓也 

-お酒について

Copyright© 土田酒造 ツチダPRESS , 2022 All Rights Reserved.