お酒について

誉国光 田園メロウ

2020年1月24日

土田酒造の土田祐士です。

誉国光 田園メロウ

というお酒について、解説をいたします。

このお酒は、お店にいらっしゃる若い方へ向けて、入門酒として最初に入りやすいお酒を。
という想いから製造しています。

カクテル感覚で、とろけるような甘さがポイントです。
アルコール度数も、一般的な日本酒より少し低い14%。
そのため、料理を止めることなくお酒がすすみます。

また、複雑な酸味があるため、特に女性の方に好評です。
ご自宅で飲むときや、女子会などお友だちが集まるときのお酒に最適です。
女性の方への贈り物にしますと喜ばれます。

[合う料理]
チーズやトマトを使った料理や、ピザなどの洋風に合います。
コンビニで買ってきたお惣菜などで、気軽に合わせてください。

[製造のポイント]
群馬の食べる米を10%だけ磨いた90%の精米歩合。(ほぼ食べる米と一緒の精米)
そのため、お米の複雑な味わいを感じます。

当初の狙いとは異なり、アクシデントによる乳酸菌を活用したお酒となりました。
そのため、日本酒では珍しい、乳酸の酸味をほどよく感じます。
酸味は、複合的な酸(コハク酸やリンゴ酸など)があるほど、複雑な味わいになります。
お米の複雑な味わいと、酸味の複雑な味わいが重ねって、奥深い甘さとなっています。

これは、当蔵の「イニシャルF」と同じ現象です。
イニシャルFにて培われた経験のおかげで、添加物に頼らず、米と米麹だけでこの味に落ち着かせることができました。

添加物を使わない酒造りを貫くがゆえに、自然の菌のアクシデントがまだまだつきものです。
しかし、このアクシデントを体験できるのも日本の酒蔵で数軒だけです。
そのため、市場ではなかなか味わうことができない独特な味わいとなっております。

[主な成分について]
・種類  :生酛 純米酒
・原料米 :群馬県産 飯米(品種:あさひの夢・ひとめぼれ)
・精米歩合:90%
・種麹菌 :白夜(びゃくや)・焼酎用黄麹菌
・麹歩合 :27%
・酵母菌 :G2・協会701号
・仕込み水:武尊連峰伏流水(関東名水百選)
・アルコール度数:14%(原酒)
・グルコース:4.3
・日本酒度:−24
・酸度  :3.1
・アミノ酸:1.9
・粕歩合 :43%
・火入れ :1回
・保管方法:要冷蔵保管

HPはこちら

-お酒について

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.